どういう未来を作るのか自分で決める

自分の人生のハンドルを、他人に明け渡さない。自分の人生のハンドルは、自分がしっかり握っていること。自分が人生の主人公として生きているという感覚がないということは、そのハンドルの感覚はないのかもしれません。




先日、クラウドファンディングの目標を達成した際に、私のメンターからお祝いメッセージが届いたのですが、『さて、ゴールはスタートだ!次のゴールは何だろう?』と締めくくられていました。

どんなアスリートも、ゴール目前になるとチカラが緩むもの。だから、ゴールに到達する前に、次のゴールに目を向けましょう。

そう何度も言われていたのを思い出すとともに、次のゴールを目指すということは、どういう未来を作るのか自分で決めることなんだなぁとジワジワっと感じました。

自分の人生のハンドルを、他人に明け渡さない。 自分の人生のハンドルは、自分がしっかり握っていること。 自分が人生の主人公として生きているという感覚がないということは、そのハンドルの感覚はないのかもしれません。

ハンドルをしっかり握れるように、握っている感覚を取り戻すように、そして他人に握らせないように。それをサポートする日記帳でありたいなと思いました。

人生の主人公が書く日記だから、タイトルは「HERO’S JOURNAL」……