表紙1.jpg

neurological levels

ニューロ・ロジカル・レベルは、人間の学習と成長を6つの階層に分類したものです。6つの階層は、レベルが浅いところから順に「環境」「行動」「能力」「信念・価値観」「自己認識(アイデンティティ)」そして「ビジョンと目的」で構成されています。
 
「環境」から「自己認識」までの5つの階層は自分にまつわることですが、最上位にある「ビジョンと目的」は自分の周囲や社会など、自分を越えて影響を及ぼします。
 
ニューロ・ロジカル・レベルでは、上位の階層が下位の階層に大きな影響を与えると考えます。つまり、上の階層で何かを変えれば、下の階層で変化が起こるということです。下の階層で何かを変えると、上の階層で変化が起こることもありますが、必ずしも影響を与えるわけではありません。

TIPS

心理学 NLP を活用したコーチングセッションの記録用ページです。各階層の部分やその余白に、ワークで言語化した言葉をそれぞれ記入しておきましょう。

このワークをする時は、自分がいる場所の足元に6つの階層の名前を書いた付箋を貼って、実際にその階層に身を置きながら、その階層について考え言語化することをおすすめしています。

 

実際に身体を動かすスペースがない場合は、ニューロ・ロジカル・レベルの6つの階層を表す三角形を紙に描いて、その上に、自分を表すアバター(小さな人形やガラス玉などなんでもOK)を動かし、自分がその階層にいることをイメージながら考え言語化することをおすすめします。

 

それぞれのレベルに移りながら、意識の変化を感じ取り、目指す方向へ統一させていきましょう。

 

このワークをする前に、テーマ(目標やゴール、望ましい状態)を設定しましょう。

SAMPLE

neurologilcal.jpg